カラフル

紙質

印刷機

作れるものについて

チラシ印刷を格安で手がけてくれる業者には、さまざまな種類の「紙」を作ることを依頼することが出来ます。
「チラシ印刷」という名の通り新聞などに折り込まれるチラシを作ってくれますし、その他にもいくつか、紙で出来ていて印刷が必要で、しかも大量に刷られなければならないものはあります。
したがって、格安な作成サービスが望まれるという「紙」です。それは、たとえばフライヤー。

フライヤーというのは、チラシと限りなく似ているものです。
劇場やイベント場、映画館などに置いてある、催し物や新作公演の予告などを案内する紙は、チラシと呼ばれたりフライヤーと呼ばれたりしますが、より正しく表現するならフライヤーとなるわけです。
フライヤーは、たとえばスーパーの安売りセールを報じるチラシとは違い、その日1日だけの価値を持つものではありません。もうちょっと長く人の手もとに置かれ、愛される「紙」なのです。

チラシとフライヤー

チラシとフライヤーのいちばん大きな違いは、紙の厚さや大きさです。
フライヤーはチラシよりも髪質がしっかりしていて、若干厚めであるという特徴を持っているのです。

映画のフライヤーの中には、プレミアがつくようなものもあります。昔の名作映画のフライヤーで、傷みや折れ曲がりのないものになると、万単位の値段がつくそうです。
つまり、それだけ長持ちする質を持っているのがフライヤーなのです。
そんなフライヤーも、格安で作ってくれるチラシ印刷業者があります。格安のフライヤー、チラシ印刷を手がける業者であるというわけです。